おすすめ介護求人サイト HOME » 施設・サービスで探す介護の仕事 » 有料老人ホーム

有料老人ホーム

有料老人ホームには、様々なタイプの施設があります。ここでは、有料老人ホームの特徴や仕事内容、転職の必要な資格について紹介しています。

有料老人ホームはどんな施設?

有料老人ホームとは、民間企業など営利目的の組織によって運営されている、介護施設のこと。

重度の要介護者のみを対象としている「特別養護老人ホーム」に対し、有料老人ホームは、施設によりますが65歳以上であればどなたでも入居が可能です(「健康型」を除く)。施設内にデイサービスや訪問介護などの事業所を併設している所も、多く見られます。

施設はいくつかのタイプに分かれており、要介護者のみ入居できる「介護専用型」や、健康な高齢者だけが入居できる「健康型」、在宅介護サービスを行う「住宅型」、どんな高齢者でも入居できる「混合型」などがあります。

職場・仕事の特徴

運営しているのは民間企業が中心のため、職場の特徴や仕事内容も運営者の経営方針によって大きく変わります。

例えば、「高級ホテルのようなサービスが受けられる高額のホーム」もあれば、「低額で必要最低限の介護を提供しているホーム」もあります。また、最近では、入居一時金をおさえた有料老人ホームが多く新設されています。

特別養護老人ホームのように、運営は入居者3人・職員1人体制で行われている施設がほとんどです。転職希望者は、運営者の方針や社風を事前によく調べておいたほうが良いでしょう。

有料老人ホームの募集職種は?

有料老人ホームでは、多くの職種の募集が見られます。中でも代表的なものは、以下の通りです。

  • 介護職員
  • 生活相談員
  • 看護師
  • 計画作成担当者(ケアマネージャー)
  • 機能訓練指導員(作業療法士、理学療法士など)
  • 栄養士
  • 調理師
  • 事務職員
  • 施設長

これらの中でもっとも求人が多いのは、介護職員。近年、有料老人ホームが増えていることもあり、それに伴って介護スタッフの需要も高まっています。今後、ますますニーズが高くなる職種と予測されています。

勤務職員の1日の流れ~介護スタッフの例~

有料老人ホームで働く介護スタッフの1日の流れを紹介します。

9:00~9:30

出勤して、申し送り事項などの確認を行います。

9:30~10:00

朝礼では、スタッフ全員で情報を共有します。

10:00~10:30

担当する入居者Aさんの生活介助(掃除、洗濯)。

10:30~11:15

休憩。入居者の様子を見守りつつ、簡単な休憩を取ります。

11:15~11:45

担当する入居者Bさんの身体介護(オムツ交換など)。

11:45~12:00

入居者を食堂へ誘導。一人ひとり、事故のないように注意します。歩行介助しながらテーブルへ誘導しなければならない入居者もいます。

12:00~12:45

入居者の昼食。自力での食事が困難な入居者は、介助が必要な場合もあります。

12:45~13:30

入居者を居室へ誘導。安全に配慮して誘導します。

13:30~14:00

休憩。

14:00~14:30

担当する入居者Cさんに身体介護(入浴の介助)を行います。

14:30~14:45

入居者を居室から食堂へ誘導します。

14:45~15:15

おやつタイム。見守り、必要な場合はおやつの介助などを行います。

15:15~15:45

レクリエーションタイム。入居者と職員、みんなで楽しみながら過ごします。

15:45~16:00

入居者を居室へ誘導。

16:00~17:00

Dさんの身体を介助(特浴介助)します。

17:00~17:45

Eさんの生活介助(周辺の整理など)を行います。

17:45~18:00

夕食をとるために、入居者を食堂へ移動します。

18:00~19:00

入居者の夕食。必要な場合は介助します。

19:00~20:00

入居者を居室へ誘導します。

20:00~21:00

就寝するためにパジャマに着替えます。自身での着替えが難しい場合は、介助します。

21:00

消灯。夜勤スタッフは施設内を巡回します。

主な職種の採用状況や必要な資格

有料老人ホームで働く主な職員の採用状況、必要な資格などについて見てみましょう。

生活相談員

生活相談員になるために必要な資格はありませんが、厚生省令の要件としては、「社会福祉主事と同等以上の能力を有すること」と明記されています。転職においては、社会福祉士の資格を持っていると有利です。

有料老人ホームでは、入居者100名に対し、1名以上の常勤生活相談員を配置しなければなりません。欠員が出たり、入居者が非常に多い場合には、補充・追加募集がかかることもあります。ただし、空きはなかなかできないため、募集が多いわけではないようです。

看護職員または介護職員

有料老人ホームでは、「要介護の入居者3名につき、1名以上の看護職員または介護職員」「要支援の入居者10名につき、1名以上の看護職員または介護職員」を配置しなければなりません。

将来、要介護・要支援の高齢者の増加が見込まれれば、ますます看護職員・介護職員の需要は高くなるでしょう。また、看護師は有料老人ホームよりも高給な、病院への勤務を希望する場合が多いので、介護職員の募集増加が見込まれます。

計画作成担当者

希望する人は、ケアマネージャーの資格が必要です。入居者100名につき、1名以上の介護計画作成担当者がつかなければなりません。入居者の増加が見込まれるとは言っても、計画作成担当者の募集が急激に増えることはないでしょう。

機能訓練指導員

機能訓練指導員として就職できる人は、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、准看護師、柔道整復師、あんまマッサージ師、いずれかの資格保有者のみになります。有料老人ホームには、機能訓練指導員を1名以上配置する必要があります。

介護職探しの第一歩!オススメの介護求人サイト