おすすめ介護求人サイト HOME » 施設・サービスで探す介護の仕事 » サービス付き高齢者住宅

サービス付き高齢者住宅

ここでは、サービス付き高齢者住宅(サ高住)への転職をお考えの方に、基本的な情報をまとめています。

サービス付き高齢者住宅はどんな施設?

サービス付き高齢者住宅は、「サ高住」とも呼ばれ、民間の事業者などによって主に運営される、高齢者向けの賃貸住宅のこと。介護スタッフによって、ある一定のサービスが受けられます。

「サ高住」は、主に2種類に分けられます。「自立に近い高齢者を対象とする住宅」と、「要介護状態の高齢者を対象とする住宅」です。

自立に近い方対象のサ高住は、自宅と行き来できる距離にあります。住宅には、安心して1人暮らしが出来るよう、住宅には連絡システムを完備。いざという時は、入居者がナースコールで介護職員を呼ぶことが可能。プライベート空間を持ちながら、安心も手に入れられる住宅です。

要介護者対象のサ高住は、住宅の中に訪問介護事業所を併設しており、入居者は介護が受けられます。ケアマネージャーが計画を立てたケアプランに沿って、住宅を訪問。介護職員は、入居者の介護がいつでも出来るように、スタンバイしておきます。

在宅介護のように、介護職員が常時対応に当たるのではなく、自分が必要な時に介護職員を呼べるので、大きなメリットがあります。

また、訪問介護のように、ホームヘルパー帰宅後にトイレに行きたくなり、1人で動けなくて困ってしまったなどの、不安材料も取り除くことが出来ます。

職場・仕事の特徴

自立に近い方対象のサ高住では、介護職員は安否確認を業務としており、直接的な介護は行いません。主な業務は、定期的な居室訪問や、食堂での確認、人感センサーの確認などです。

入居者が体調を崩した場合は、迅速な判断・対応が要求され、病院や家族に連絡を入れる必要があります。介護職員が夜間に常駐しない場合は、居室に備え付けられた通報システムによって、緊急連絡ができる体制です。

要介護者対象のサ高住では、介護職員は入居者の訪問介護を主な業務としています。訪問時間外は、同一施設内にある事業所で、職員として勤務する場合が多いです。

サービス付き高齢者向け住宅の募集職種は?

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)における、主な募集職種は以下の通りです。

  • 介護職員
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)
  • 看護職員
  • 医師

これらの中で、もっとも需要の高い職種は、介護職員。医療の発達に伴い、要介護の高齢者、また一人暮らしの高齢者がますます増えています。こうした高齢者をサポートするために、サ高住も早いペースで増え続けています。サ高住の数に比例して介護職員も必要となるため、今後もニーズが高くなっていく職種と言えるでしょう。

勤務職員の1日の流れ~介護スタッフの例~

サービス付き高齢者向け住宅で働く、介護職員の1日の流れを見てみましょう。

7:30~9:30

介助が必要な入居者に、朝食と服薬のサポートを行います。

9:30~10:00

通院する利用者に病院まで付き添います。その後、買い物や外出などに付き添います。1人で行えない入居者には、介護職員がサポートします。

10:00~12:00

自立して居室の整理をできない入居者もいるので、片付けや掃除などを行い、利用者の居室の環境を整備します。

12:00~14:00

利用者の昼食を見守り、必要であれば食事や服薬の介助を行います。

14:00~17:30

利用者の入浴、清拭などを介助。あくまでも自立して行えない人への介助であり、必要ない場合は、事業所の事務業務を行います。

17:30~19:00

夕食。介護が必要な場合のみ、食事や服薬の介助を行います。

19:00~21:00

入居者が1人で行えない場合は、着替えや口腔ケアなどのサポートを行います。

21:00

就寝前に薬を服用してもらい、必要な場合は介護職員がサポートします。日勤・夜勤などに分かれている場合は、1日の流れの中で申し送りを行い、業務を引き継ぎます。

主な職種の採用状況や必要な資格など

サービス付き高齢者向け住宅で働く主な職員の採用状況、必要な資格などについて見てみましょう。

介護職員

サ高住で働く人の多くは、介護職員。実質的に現場で高齢者のサポートをする職種なので、欠員が生じるとサービスの質に直結します。欠員補充のほか、施設の拡大や利用者の増加などに応じ、必要とされる職種です。そのため、求人募集は多いです。

サ高住の介護職員になるための資格は、制度上、必要ありません。しかし、ほとんどの募集において、ホームヘルパー2級以上の資格が求められます。介護福祉士の資格があれば、採用率も格段に上がります。

介護支援専門員(ケアマネジャー)

高齢者介護に関わる事業所は、かならず介護支援専門員(ケアマネージャー)を配置しなければなりません。1人のケアマネージャーで100人までの利用者を担当することが出来るため、介護職員に比べれば募集は少ないです。

しかし、高齢者施設の多い地域などでは、求人を常に募集していることも。資格を取得するのは容易ではありませんが、実務経験年数によっては、一般介護職員からの立身出世も可能です。

看護職員

転職するには、看護師または准看護師の資格が必要。ただ、これらの資格保有者は、総合病院などにも容易に就職ができ、かつ病院のほうが給与もかなり高いため、あえてサ高住への就職を考える人は少ないのが現状です。

そのため、サ高住の求人は多く、高齢者のバイタルチェックや介護そのものを行う要員として、看護職員は歓迎されます。

介護職探しの第一歩!オススメの介護求人サイト