おすすめ介護求人サイト HOME » 施設・サービスで探す介護の仕事 » 訪問介護・訪問入浴

訪問介護・訪問入浴

訪問介護の現場へ転職をお考えの方々に対して、ここでは職種や募集に関わる基本的な情報についてまとめています。

訪問介護・訪問入浴はどんなもの?

訪問介護とは、利用者の自宅を訪問して介護をする仕事。本来のホームヘルパーの仕事とも言えます。

対象は、介護保険を利用する高齢者、または障害者自立支援制度を利用する障害者に限定して、サービスが提供されます。そういった点で、一般的な家政婦が行う、家事などとは異なります。

介護職員は、訪問介護事業所に常勤職員として就職。あるいは、非常勤職員として登録をして働きます。近年では、非常勤職員の割合のほうが多いようです。

一方、訪問入浴は、入浴に特化したサービスを提供します。からだの不自由な高齢者には、入浴は難しい動作が多い上に、万が一の危険があります。そのため、訪問入浴者で自宅を訪問し、入浴をサポートします。

また、入浴時は体調のチェックも兼ねて、血圧や体温を計ったりします。これにより、定期的に健康状態を把握することが出来ます。

職場・仕事の特徴

訪問介護の仕事は、利用者の自宅に赴いて様々な身の回りの世話や介護を行うというもの。具体的には、掃除や買い物、入浴介助、オムツ交換などを行います。

必要な仕事を時間内に終わらせなければならないので、利用者の介護状態や性格などによって、かなり忙しくなる場合もあります。

また、雇用形態としては、ほとんどの場合が登録型。事業所にホームヘルパーとして登録をし、働ける日時をあらかじめ申告しておきます。各介護職員には、事業所の判断で利用者が割り振られる形です。

訪問入浴では、利用者のサポートを看護師と介護職員が行います。

介護職員の主な業務は、浴槽の準備・必要な物品などを調達したり、入浴介助、後片付けなどです。また、看護師は入浴の介助や健康チェックなどを行っていきます。

訪問介護・訪問入浴の募集職種は?

訪問介護・訪問入浴で募集している職種には、主に次のようなものがあります。

  • 登録型ホームヘルパー
  • 常勤ホームヘルパー
  • サービス提供責任者
  • 事務職員
  • 看護師

これらの中でも、圧倒的に募集が多いのが、登録型のホームヘルパー(介護職員)。事業所としては、常勤スタッフを増員よりも、スタッフを増やすほうが経営効率は良いので、今後もますますニーズの増える職種となるでしょう。

勤務職員の1日の流れ~登録型ホームヘルパー(介護福祉士)の例~

訪問介護スタッフの1日は、どのような流れなのでしょう?

ここでは、登録型・常勤型を問わず終日訪問介護を行っている、介護福祉士の職員の1日を追ってみます。

8:30~9:00

ミーティング。当日の訪問先やサービス内容、申し送りの確認などを行います。

9:00~10:30

1件目の自宅を訪問。朝食の準備と介助、洗濯、ベッドメイキングなどを行います。

10:30~12:00

2件目の自宅を訪問。こちらの利用者は、この日が通院日。病院まで付き添います。

12:00~13:00

お昼休憩。

13:00~14:30

3件目を訪問。昼食を準備した後、食事を介助します。その後、清掃や利用者との雑談を楽しみます。

14:30~16:30

4件目を訪問。洗濯物の取り込み、夕食を準備。その後、夕食や入浴の介助などをします。

16:30~17:30

1日の業務報告書、および申し送りを作成。また、明日の訪問先や介護内容などを確認のうえ、業務が終了します。入浴中は、利用者とコミュニケーションをとりながら、洗髪や体を洗います。

主な職種の採用状況や必要な資格など

訪問介護・訪問入浴の事業所における、職員の採用状況、必要な資格などについて見てみましょう。

登録型ホームヘルパー

全国に多くの事業所がある、需要の高い職種です。なかには、求人を随時募集している事業所もあります。就業上の決まり事がない限り、ヘルパー側は複数の事業所に登録することも可能。

登録するには、ホームヘルパー2級以上、または介護福祉士などの資格が必要です。

常勤ホームヘルパー

常勤ホームヘルパーの多くは、契約社員などの非正規職員です。フルタイムで働ける場合は、常勤を選んだほうが転職に有利。しかし、登録型よりは募集が少ない場合もあります。

採用されるには、ホームヘルパー2級以上の資格は必須。さらに、実務経験の有無や年数が大きく左右します。

サービス提供責任者

募集が多いとは言えませんが、ホームペルパー10名に対し、1名のサービス提供責任者を配置しなければならないため、常に募集をかけている事業所もあります。事業所は、欠員補充や事業拡大のために、サービス提供責任者を必要としています。

介護保険制度上は、実務経験なしで転職できますが、いざ業務に就くと荷が重いと感じることも。実際の現場では、「ホームヘルパー2級以上+実務経験3年以上」という条件が求められます。

看護師

看護師になるには、国家試験を受ける必要があります。ちなみに、派遣された看護師の中には、臨床経験がない方もいるようです。事業所によってサービス内容は異なりますが、特に、訪問入浴では臨床経験が問われることも。利用者の中には、関節や筋肉の動きが制限された拘縮(こうしゅく)や、人工呼吸器を装着している方もいるので、安全に入浴させるための基礎的な知識が求められます。

ちなみに、訪問入浴の介護職員は、資格が無くても始めることが出来ます。しかし、近年ではホームヘルパー2級などの資格取得を採用基準にしている事業所も増えていると言います。そのため、資格は持っていて損は無いでしょう。

介護職探しの第一歩!オススメの介護求人サイト