おすすめ介護求人サイト HOME » 施設・サービスで探す介護の仕事 » デイサービス

デイサービス

デイサービスの利用者は、年々増え続けています。それに合わせて、介護スタッフの募集もかなり増えてきました。

ここでは、デイサービスへの転職を検討している方々に向けて、特徴や必須資格などを紹介しています。

デイサービスとはどんな施設?

デイサービスとは、在宅する高齢者が利用する施設。食事や入浴、機能訓練、レクリエーションなどを主に行っています。

デイサービスは、「特養などに併設されている施設」と、「単独で運営されている施設」の2種類。その中で、対象を認知症の高齢者に限定しているデイサービス施設もあります。

単身高齢者を始め、夫婦での利用も多く、高齢者の生活の質を上げるために重要な役割を担っています。

職場・仕事の特徴

デイサービスは、基本的に日勤のみの仕事です。仕事は、まず巡回送迎から始まります。

9:00ごろから利用者の自宅を巡回して訪問。10:00ごろには全員が施設に到着します。

施設ではリクリエーション、昼食、体操、入浴などを行い、夕方には巡回帰宅します。

要介護の利用者もいますが、比較的、軽度の場合が多く、中にはまったく介護や支援を必要としない、自立した高齢者もいます。

そのため、介護職としては、高いレベルの技術や経験が求められるわけではありません。デイサービスは、介護経験の少ないスタッフでも働きやすい施設と言えるでしょう。

デイサービスの募集職種は?

デイサービスで募集している主な職種は以下の通りです。

  • 介護職員
  • 生活相談員
  • 看護職員
  • 機能訓練指導員
  • 栄養士
  • 調理師
  • 運転手

これらの中で、もっとも募集が多いのは介護職員。デイサービスの現場では、その仕事の多くが各種介助やレクリエーションです。まさに介護職員が中心で回っている職場と言っても良いでしょう。

利用者の数が増えれば募集も増えるので、高齢化が進む現在での求人は増加傾向にあります。

勤務職員の1日の流れ~介護スタッフの例~

デイサービスで働く介護スタッフの1日について紹介しています。

8:10~8:15

朝礼。当日のスタッフの行動を全員で共有します。

8:15~10:00

利用者の巡回送迎。専属の運転手が巡回を行う施設もありますが、ほとんどの場合、介護スタッフが介護仕様のワゴン車などで、担当エリアの利用者宅を訪問します。要介護の高齢者が乗車する場合はもちろんですが、一般に高齢者は筋力が衰えているため、安全運転を心がけます。

10:00~12:00

10:00には全員が施設に到着。まずはバイタルチェックを行ってから、レクリエーションに入ります。レクリエーションの合間では、入浴介助をしたり、事務的な業務を行ったりすることも。

12:00~13:00

利用者、介護スタッフ、全員で手作りの昼食を頂きます。昼食は利用者との交流の場であり、さりげない会話が信頼関係の構築に繋がる、大切な時間です。

13:00~16:00

昼食後は口腔ケア。その後、ふたたびリクリエーションや体操、入浴を行い、利用者によっては歩行訓練なども行っていきます。また、介護職員は、その間に担当者会議を行うことも。

16:00~17:00

全員で帰りの会を行ったあと、16:20から送迎開始。来所と同様、各自宅を巡回訪問し、安全運転で送ります。

17:00~18:00

施設の掃除、書類作成、申し送りなどを行い、業務終了です。

主な職種の採用状況や必要な資格など

デイサービスで働く主な職員の採用状況、必要な資格などについて見てみましょう。

介護職員

デイサービスで最も必要とされる、介護職員。施設が増えれば増えるほど、募集も増える、求人の多い職種です。

デイサービスの介護職員になるためには、制度上の必須資格はありません。ただし、ホームヘルパー2級以上の資格を保有していることが理想です。さらに、介護福祉士を保有していれば、より歓迎されます。

また、送迎の運転を行うことが多いため、実質、運転免許証は必須となります。

生活相談員

デイサービス1施設につき、1~2名の生活相談員が勤務しています。欠員補充や事業拡大に伴って募集がかけられることもありますが、求人数は多くありません。

就職を希望する場合には、社会福祉主事の資格があることが望まれます。介護福祉士や社会福祉士の資格でも応募が可能な場合もあります。

看護職員

バイタルチェックなど、利用者の健康管理に欠かせない職種です。就職するためには、正看護師、准看護師の資格が必要。

ただし、デイサービス1施設につき、1~2名の配置となっているので、募集数は少ないのが現状です。

機能訓練指導員

1つのデイサービスに1~2名の機能訓練指導員が配置されています。就職するためには、機能訓練に関する資格を保有していることが前提。具体的には、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師など。

また、看護師が仕事を兼任する例も見られます(介護職員・看護職員・機能訓練指導員など)。

介護職探しの第一歩!オススメの介護求人サイト