おすすめ介護求人サイト HOME » 介護業界でキャリアアップを目指せる資格 » 介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)

介護職のキャリアアップを目指す方が最初に取得する資格、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)について解説しています。

まずはここから!介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)

介護職員としてのキャリアアップを考えている方はもちろん、これから介護業界で働こうとしている方もまずは取得しておきたいのが、介護職員初任者研修の資格。

これは、2013年4月に新設された資格のひとつ。それまで介護職の基本とされていたホームへルパー2級を中心に、訪問介護員養成研修(1~3級)、介護職員基礎研修といった資格が一元化されたもの

介護の仕事をする上での基本となる資格なので、取得することを強くお勧めします。

取得のためのカリキュラム

介護職員初任者研修では、厚生労働省が定めた以下のカリキュラムの受講が必要です。

  1. 職務の理解
  2. 介護における尊厳の保持・自立支援
  3. 介護の基本
  4. 介護・福祉サービスの理解と医療との連携
  5. 介護におけるコミュニケーション技術
  6. 老化の理解
  7. 認知症の理解
  8. 障害の理解
  9. こころとからだのしくみと生活支援技術
  10. 振り返り

すべての受講には合計130時間が必要。受講のうえ、修了試験に合格すると資格取得となります。

受講費用が戻ってくる制度も!

介護職員初任者研修には、教育訓練休制度の使えるスクールがあります。資格取得後、ハローワークに申請することで受講費用を雇用保険から受け取ることができるという制度です。

雇用保険を利用して資格が取れるなら、これを利用しない手はありませんね。

おすすめの資格講座情報サービスはこちら>>

介護職探しの第一歩!オススメの介護求人サイト