おすすめ介護求人サイト HOME » 介護業界でキャリアアップを目指せる資格 » 介護福祉士(ケアワーカー)

介護福祉士(ケアワーカー)

求人が多く、仕事が見つけやすい介護福祉士(ケアワーカー)の資格に関する情報をまとめました。

介護の国家資格・介護福祉士(ケアワーカー)

介護福祉士は、介護の現場における専門家としての資格です。これは、所定の施設で介護について学んだ、あるいは同等の知識があることを証明するもの。毎月のお給料に加え、資格手当も期待できるので要チェックです。

介護福祉士の業務内容

介護福祉士にしかできない、特定の業務内容というものはありません。一般のヘルパーの方とともに、介護業務にあたります。

そのほか、介護の専門知識を持っているため、医師や看護師、療法士などとの連携といった大切な役割を担います。要介護者が自立して生活できる介護を目指す上で、介護福祉士の役割はとても大切なものです。

介護福祉士資格を取得するには?

介護福祉士の資格を取る方法は2つ。ひとつは、認定された養成施設を卒業すること。もう一つは、介護などの業務に3年以上従事し、国家試験に合格すること。

国家試験の合格率は近年では60%を超えており、必ずしも難易度が高いものではありません。

需要が非常に高い!

2005年には、国が介護に携わるものの資格を介護福祉士に一本化する方針を打ち出しました。その後も介護報酬を引き上げたり、介護福祉士が多く在籍する事業所に報酬を多く提供するなど、介護福祉士が優遇される傾向にあります。

しかも、現場では介護福祉士が依然として不足しています。そのため、求人は多く、まず仕事が見つからないということはありません

比較的取りやすい資格なので、介護のお仕事をする上でまずは取っておきたい資格のひとつです。

おすすめの資格講座情報サービスはこちら>>

介護職探しの第一歩!オススメの介護求人サイト